製品情報

製品の特徴

製品の特徴

毎日手軽に 水素水 を飲めるなんて!


Step 1. ボトルに水を入れる。
Step 2. 冷蔵庫にボトルを入れ楽しみに待つ。
      (カートリッジを外すと冷凍可)
Step 3. 飲みたい時に飲む。


サンテエミューの水素水ボトルは 水を入れておけば
ずっと水素水を作り続けます。
電源が不要なので冷蔵庫に作りおきもしておけます。

オフィスに置いておいたり、スポーツジムにも持って行く事も!

もっと手軽に! 飲みたい時にすぐに飲む!


水素の粒子は小さいので、あらゆるところから漏れ出すのも事実ですが
サンテエミューの水素ボトルの 特徴の1

[作り続ける!]  が、それを解消します。

[作り続ける!]  から一旦上がった濃度をキープ。
しっかり蓋が閉っていないと水素は逃げ易くなるので注意。



また、水道水をボトルに入れた場合には
特徴2 水道水中の酸化物質である次亜塩素酸をすぐさま除去する事もできます。


特徴3 少し肌寒い日には 温かいお湯 の水素水を飲む事も出来るんです。


水素発生カートリッジが交換式なので
550ml x 180回  または 3ケ月を目安に新しいカートリッジに交換するとこで
お手軽に毎日水素水を飲むことが出来る様になりました。

2016.09.15

水素濃度を高める為には

水素濃度を高める為には

Point
上下の蓋はしっかりと閉めて下さい。
蓋を開けっぱなしにしている状態では水素は逃げてしまいます。
または、上下の蓋が少し緩いだけでも水素が逃げると共に
水素が発生しにくくもなります。


Point
水が多めに入っている方が水素水が作られやすい環境と言えます。

1気圧の状態での飽和溶存水素濃度は 1.6ppm と言われております。
カートリッジが水に触れると水素を発生する様になっておりますので
水を入れる際には、完全満水にするのではなく、ほぼ満水にして頂くと
水素の発生と共に、ボトル内の内圧が高まり水素を発生し易くなります。

ご使用方法

ご使用方法

1. ご利用前に、ボトルに水道水を半分程度入れて
  キャップを閉めます。
2. 軽く振ってボトルの中をゆすぎます。
3. ゆすぎを3回行います。
4. 水素水にしたいお水(ミネラルウオーター・
 水道水・お湯)を入れてお楽しみ下さい。

注)ゆすぎをしている最中に黒く濁る事がありますが
  それは微小な活性炭の色ですので
  ゆすぎ水がキレイになっている事をご確認下さい。

  食品添加物純度試験適合品



サンテエミューは 1日550mlのご使用で
およそ 180回分 の水素水を作る事が出来ます。


ご使用上の注意

ご使用上の注意

●サンテエミューで水素水が出来るのは、お水
 (ミネラルウオーター、水道水、お湯)に限られます。

●小さなお子様に操作させないでください。

●ボトルとカートリッジは、最初に良く水で洗って
 ご利用ください。カートリッジ内のセラミックスや
 活性炭の微細な粉末が出る場合があります。

●水素発生カートリッジを洗剤や薬品で絶対に洗わないでください。

●ボトルにお水を入れて長期間保管しないでください。
 (※1)
●ボトルにお水を入れる際には、満水にしないでください。
 内圧が上昇し中身がこぼれる場合があります。

●ボトルを高温の場所に置く場合、内圧が上昇し中身が
 こぼれる場合があります。

●水素発生カートリッジを分解しないでください。

●カートリッジを殺菌する為に、週に一度熱湯にさらすことをお勧め致します。

●ボトルに熱湯を入れる際は、ボトルが熱くなりますから
 「やけど」に注意してください。 (※2)

●水道水で水素水を生成する場合、水の硬度が多少上昇しますので
 お通じが良くなる場合があります。(※3)

●水素発生カートリッジは3ケ月を目安に交換してください。
 (※4)

●体に異常を感じたらご使用を中止してください。


※1 お水の味が変化する場合があります。
※2 熱湯を入れる場合はボトルが熱くなります。
   小さなお子様には充分気をつけてください。
※3 小さなお子様には飲ませない事をお勧め致します。
※4 交換しないままご使用になると雑菌が繁殖
   する場合があります。御使用回数が多い程徐々に
   水素発生スピードが遅くなります。


取扱い上の注意
1. 火のそばに置かない。
2. 電子レンジで使用しない。
3. カートリッジは冷凍しない。
   カートリッジを外して冷凍は可。



Bottle 本体   made in China
カートリッジ内  made in Japan
製品       Assembled in JAPAN

↑Page Top